みどりの館・紫陽花の歌

頭の中のサラダの整理 /時には突っ込み・またある時にはボケ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

諸刃の剣「AIMタンパク質」

ネット徘徊していますと、時々面白い情報を見つけたりしますw。
どんな作用(生理学的はたらき)により、脂肪ダイエットになるのか興味をそそられたので、
少し調べたりしました^^。

脂肪を溶かすタンパク質 肥満治療薬の有力候補か
脂肪を溶かすタンパク質
細胞内で脂肪のもととなる物質ができるのを妨げたり、脂肪を溶かして減らしたりする作用があるタンパク質を見つけたと、宮崎徹東京大教授(疾患生命科学)らが8日付米医学誌セルメタボリズムに発表した。

 宮崎教授は「肥満治療の新薬開発につながる可能性がある」と話している。

 脂肪細胞には脂肪の貯蔵庫となる「脂肪滴」があり、滴の数が増えたり脂肪を蓄えて大きくなると肥満になる。宮崎教授らは、免疫細胞の一種が分泌する「AIM」というタンパク質が体重の増減に関与することに着目。

 脂肪のもととなる「脂肪酸」を糖から合成する酵素の働きを、AIMが抑制していることを突き止めた。AIMは脂肪細胞の前段階の前駆細胞が成熟するのを抑制、細胞外から脂肪酸を取り込めないように働いていた。

 培養した脂肪細胞にAIMを加えると、脂肪滴が溶けて3日後には大きさが約4分の1になった。脂肪酸の不足を補うよう滴の脂肪が分解されるらしい。

 AIMを分泌しないよう遺伝子操作したマウスは、通常のマウスより体重増加が多かった。

 太り始めると血液中のAIM濃度が高まることも判明、AIMは太りすぎを抑える役割を果たし、その能力を超える脂肪蓄積が進むと肥満になるらしい。

2010/06/09 01:02 【共同通信】


つづく 

同様な記事ですが・・・
脂肪溶かすたんぱく質発見=抗肥満薬の候補に―東京大
6月9日1時20分配信 時事通信

 脂肪細胞内で中性脂肪の塊を溶かすたんぱく質を、東京大の宮崎徹教授らの共同研究グループが発見し、9日付の米科学誌セル・メタボリズムに発表した。副作用の少ない新たな抗肥満薬の候補になるとしている。
 このたんぱく質は「AIM」と呼ばれ、動脈硬化への関与などが知られているが、作用メカニズムは分かっていなかった。
 研究グループは、AIMをつくれないようにしたマウスが太りやすいことに着目。脂肪細胞で詳しく作用を調べたところ、AIMが細胞内に取り込まれ、中性脂肪の主成分である脂肪酸の合成を阻害することが分かった。この結果、余分に蓄積されていた中性脂肪の塊が溶け、脂肪細胞が縮小した。
 AIMのないマウスは脂肪細胞が大きく、通常のマウスより体重が1.5~2倍重い肥満状態だったが、AIMを注射するとやせた。
 宮崎教授は「もともと生体内にあるたんぱく質で、脂肪細胞にのみ作用するため、多くの抗肥満薬にみられる中枢神経系の副作用は認められない」としている。 

【関連ニュース】
【特集】すぐに始めよう、高血圧対策~40歳以上は過半数が「患者」~
【動画】高血圧リスクキャンペーン
アレルギー抑制分子を発見=治療法開発に期待-筑波大
がん組織、有機ELで発光=早期発見に活用も-群馬大
【特集】メタボにはこれが利く

最終更新:6月9日9時42分



ところで、『AIMタンパク質とは』のキーワードで検索していて、中ったのがこの記事です。
大学への基礎数学-雑記帳 より

« NEWS CLIP 05/03/16 | Main | ビタミンEは有害? »

2005.03.17
動脈硬化の原因となるタンパク質を発見

YomiuriONLINEより「動脈硬化の“黒幕”たんぱく質、日本人研究者らが発見」

動脈硬化の病巣の形成に、免疫を担う細胞の一種が作り出すたんぱく質が“黒幕”として深くかかわっていることを、米テキサス大医学部の宮崎徹教授、新井郷子研究員らが突き止めた。

健康な人でも加齢とともに動脈の壁は弾力を失い硬くなっていきます。この動脈の内側にコレステロールやカルシウムがたまって血液の流れがスムーズにいかなくなるのが動脈硬化です。

動脈硬化は40歳以上になるとほとんど例外なく見られるようになりますが、現在では30代や20代、はては10代にまで及んでいるといわれています。

この原因は食生活の欧米化や運動不足、ストレスの増大などがあげられています。

この研究ではAIMというタンパク質に注目しました。通常悪玉コレステロールはマクロファージといわれる免疫細胞に取り込まれ血管の内側にたまります。マクロファージが異物を飲み込んだ場合は通常、飲み込んだものを道連れに死んでいくようになっていますが、動脈硬化の場合はマクロファージが生き続け、悪玉コレステロールの蓄積を増加させていることが分かっています。

研究チームはAIMに免疫細胞が死ぬのを阻止する働きがあることを突き止めました。AIMを作ることができないマウスに、脂肪の多い餌を与えても動脈硬化にはなりにくかったということです。

このたんぱく質の働きを抑えれば、動脈硬化の予防につながると期待される。研究成果は15日付の米専門誌に掲載された。


AIMの働きを抑えることができれば動脈硬化の予防になる可能性は高いようです。

2005.03.17


>AIMの働きを抑えることができれば動脈硬化の予防になる可能性は高いようです
 AIMがたくさん働いていても、動脈硬化にならない人はいるのでしょうか?
 気になります。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

cynthia

Author:cynthia
Cynthiaです(^o^)よろしく。
名前の由来は、ポートランドに在住の日系Ⅲ世の双従妹からとりました。

Panzy

TAG index Webサイト

FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2018年08月 | 09月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


PopアップサムネイルLinks

FC2ブログランキング

アクセスランキング

FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
政治・経済
875位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
395位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。