みどりの館・紫陽花の歌

頭の中のサラダの整理 /時には突っ込み・またある時にはボケ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暑い日が続きますが、夏の苦手なCynthiaが何故か児童会で、バイト中です。

ここの児童会では、自閉症児・多動児・アスペルガーなどの診断がついている児童を除いても、問題を抱える子供が高い確率で存在しています。それが全国的なのか地域性なのかは解りませんが、この仕事の経験の長い方に言わせると、潜在的に増えているそうです。

健常者でも強い反社会的な態度をとる子の中には、虐待児ことにニグレクトだったりして、自閉症児や多動児よりも取り扱いがやっかいなことが多々あります。以前にもこういう子を見かけたことがあるのですが、共通するのは体つきが小さくて痩せています。

そのほかにも、診断がついてはいないけれども、軽度の学習障害(LD)や軽度のコミュニケーション障害があるのではないかと思われる子供が何人か見受けられるのですが、何ぶんにも自閉症児・多動児・アスペルガー・虐待児・数人の躾不足児(保育に欠ける児童)に手一杯で、気にはなるけれどもLD児には対応する余裕がまったくない状態ですw。

児童会なので、夏休みの宿題などの勉強は二の次で、安全に預かるのが第一なのですが、危険行為に対する制止の意味の認識に障害をもつ生徒を複数抱えると、子供達の安全を保障することは困難であると感じています。

小さなお子様が物事の判断力をつけるためには、別に自閉や多動でなくても、個別的なきめ細かな対応が必要だと思います。それは保育所や幼稚園ではなく、各家庭の機能に拠るところが大きいと考えます。保育所や幼稚園や学校は、そうした判断力に基づいた社会性を培う場として提供されていると考えられます。

そんなわけで(きっこ風)、学校の託児所化には、日々問題を感じているCynthiaなのです。

Comment

ケロちゃんケロちゃんケロちゃん 

冥王星だったりします・・・意味不明

ヨルガオの花の色が白ばかりで萎えている一方で、水色と白のフチドリのアサガオが満開だったりしますが・・・
ちなみに最近はアサガオの観察日記がしないそうです。
ついでに、ヨルガオの開花は光度ではなく、温度のようです。昨日、冷え込んだ夕方には開花していたので、たぶん、ヨルガオの開花は温度との関係があると思います。
(ってか、何を語ってるのでしょうか?)

学校は託児所ですよ。もうバリバリの託児所。
そして、学校が責任を追いきれなくなった時間の託児所が塾なのですよw

「保護者が常に育児放棄♪」なんてのは笑えない傾向ですが、あながち間違いでもないでしょうね。

さて、指摘の安全保持の問題ですが、
「体で覚える危険」という環境が家庭教育に必要です。
逆に学校や育児書は、危険因子を法的責任から回避しなければなりませんから、
家庭で「安全教育」=「痛い思いをして危険を理解させる教育」をするしかありません。
それをやってない家庭の児童が、想定できないような遊具の使用で事故が起こってしまうわけです。
 
 つうかね。障害教育に関しては、知己が言うには
「健常者なんかいない。
自分も程度の違いがあれど障害を抱えている」

という考えで付き合うのが妥当らしいです。

それについは実に、論理的で
多動性などはどの児童でも抱えている傾向であり、程度論に過ぎません。大人でもストレスが要因で、更年期障害で多動性に近い症状が見られるそうです。
LDも同じように程度論でレッテルを貼っているだけで、その程度論の根拠も実は希薄だったりします。
以前は、吃音(どもり)がLDだったんですからw

で、これは持論なのですが、こういう障害を抱えた児童、学生は昔も総量的には多かったという統計もあります。

その統計の数字を否定するように、昔は障害を抱えていたと思われる児童、生徒は顕在化していないと私は思います。

この理由は、単純に、児童、生徒の相互扶助関係にあると思います。
つまり、フォローする児童、生徒が昔はいたということです。
このフォローする児童、生徒は、そのフォローする行為が、生き甲斐、アイデンティティになってしまうこともあります。
悲惨な介護労働の離職率の問題もありますが、それでも介護から離れられない魅力を感じている人もいるわけですし・・・・

まぁ、冥王星もオランダの障害児教育の現場を研修した程度の知識ですが、現場は大変だというのは理解します。

「がんばってください」とは言いません。それがプレッシャーになって硬くなるのは不幸ですしね。

ただ、がんばることよりも、楽しく過ごせる時間を増やした方が、教育環境としては最適なのは言うまでもないと思います。

近況報告というか、惰性ですが、
とりあえず、消費行政担当大臣の誰かさんと喧嘩してます(喧嘩ではなく、こちらの独りよがりかもw)

端(はた)が楽(らく)をすることだから、「働く」というそうですが、なんか自分ばかりと思えてしまうことは、愚痴と被害妄想として処断しておきたいと・・・思います(なぞ)
  • posted by 冥王星 
  • URL 
  • 2008.08/24 15:17分 
  • [Edit]

冥王星さん、コメント有難うございます。 

友人の勧めで、半分ボランティアの気持ちで始めたのですが、正直キツイです。
アノミー化し、動物化したヒトを扱うことの方が、動物を扱うよりもやっかいな感じがするのは笑えないです。

それと、育児放棄された子供の育て直しは難しいと思うのですが、何故か、1年生の男の子2人と3年生の男の子1人が私の膝のとりあいで(笑)、赤ちゃん返りしているのは・・・妙な気分ですw。

この仕事が楽しいか辛いかを別として、人間・社会観察の宝庫という点では好奇心の強いCynthiaにとって魅力がありますが、長く続けるには精神的に大きな負担がかかります。(もっとも、2ヶ月の契約ですが)

>この理由は、単純に、児童、生徒の相互扶助関係にあると思います。
つまり、フォローする児童、生徒が昔はいたということです。
 
 フォローするにも、フォローされる側がフォローする側の話を聴けかったりします。例えば、学級委員が行事で体育館にクラス全員を引率しようにも、「行きたくないから行かない。」と、ダダをこねて引率できないことがありました。これは、高学年で健常者といわれている子の話です。(冥王星さんも、これに類したことは、ご存知でしょうが)
地域で子育てをフォローしろという声が行政の側にありますが、子供に注意をして逆ギレされるような親子に対しては、「相互扶助関係」というのも不可能であり、行政には現実が見えていない(特に、年とった議員さん)のだと思います。


>ただ、がんばることよりも、楽しく過ごせる時間を増やした方が、教育環境としては最適なのは言うまでもないと思います。

 その通りだと思います。丁寧・おだやかな接し方が、ギスギスした家庭環境にいる彼らには特に必要だと考えられるので、危険行為が頻発していない状態でない限りはそうしたいと思っています。そこが問題なのですが・・・
  • posted by Cynthia 
  • URL 
  • 2008.08/25 00:18分 
  • [Edit]

お久しぶりです 

長々とコメントしないで、申し訳なかったです。

タイトルですが、まったく反論がないので、非常に短い文になりますが(汗)、人と人が肌で触れ合うコミュニティって大切ですね。

それと、学力というのは不思議なもので、机の上だけでは「モノにならない」んですね。普段の生活や人との交わりの中で高めてこそ、机の上の勉強が身についていく。間違っていたら申し訳ないですが、私はそんな感じがしてならないのですよ。

あと、今の子供たちはすぐにネットで調べる癖がついていますが、できれば辞書をひいて、手で書いて覚えて欲しいですね。
もはやPCなしでは仕事ができない私でも、昔の癖で、「手書き」「辞書引き」が取れないです。でも、そうやって覚えたことは、なぜか忘れていない。このことを科学的に説明することができるのかも知れませんが、いかんせん、私は知らないので、「なぜ、そうなのか」までは、とても言えませんが。(汗)
  • posted by わくわく44 
  • URL 
  • 2008.08/28 01:31分 
  • [Edit]

わくわくさん、いらっしゃいませ。コメント、有難うございます。 

ほんとに、お久しぶりです。

>学力というのは不思議なもので、机の上だけでは「モノにならない」んですね。

 机上で学習する内容は、もともと活字や文章になる前には、それらを書いた多くの人たちの経験や知識などをもとにまとめられた情報の一部と考えれば、自分や周りの人たちの経験や意見を交換しながら、学習内容の確認作業をすることは大切なのだと思います。
口や手の筋肉・目や耳などの五感を使って、知識を味わいながら脳内のネットワークを緻密に張れば、忘れようにも忘れられないですねe-343

 民主主義も、そうした作業が欠けると、民主主義ではなくなりますね。(笑)

>あと、今の子供たちはすぐにネットで調べる癖がついていますが、できれば辞書をひいて、手で書いて覚えて欲しいですね。

 最近の中高生は、辞書を引かないで電子辞書にもっぱら頼っているのが気になります。
 私のネット徘徊先には、英文を引用される方もいらっしゃるので、CASIOのEX-wordを最近使うようになったのですが、これは速く引けるのは良いのですが、例文とか熟語が無いのには驚きましたi-84。これでは、語彙の量が増えませんよね。 

  • posted by Cynthia 
  • URL 
  • 2008.08/29 21:31分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

cynthia

Author:cynthia
Cynthiaです(^o^)よろしく。
名前の由来は、ポートランドに在住の日系Ⅲ世の双従妹からとりました。

Panzy

TAG index Webサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


PopアップサムネイルLinks

FC2ブログランキング

アクセスランキング

FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
政治・経済
869位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
387位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。