みどりの館・紫陽花の歌

頭の中のサラダの整理 /時には突っ込み・またある時にはボケ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公的資金ー国庫債務負担行為

今期の国会は、地方分権改革・道路特定財源・行財政改革を中心にチェックを入れているCynthiaです^^;

少子化・高齢化が急速に進む中で、消費の流れ・労働供給の質は明らかに変化しています。それに加えて、世界的なグローバリゼーションが進行していますので、需要と供給を金利政策だけでコントロールするような単純な図式だけでは、景気の回復を見込むのは難しいと思います。

とくに道路特定財源の使い方・交付金の下り方・地方の借金はどのような過程で出来るのかということに、注目しています。

今日の衆議院予算委員会の武正委員の審議で、「国庫債務負担行為」という言葉が気になったので、調べてみました。

http://money.infobank.co.jp/contents/K500138.htm
 国庫債務負担行為とは、国が契約などにより一定の債務を負担することで、国会の議決が必要な行為です。憲法第85条では、「国費を支出し、又は国が債務を負担するには、国会の議決に基づくことを必要とする」としています。また、財政法第15条では、「法律に基づくもの又は歳出予算の金額もしくは継続費の総額の範囲内におけるものの外、国が債務を負担する行為」と、「災害復旧その他緊急の必要がある場合に国が債務を負担する行為」を「国庫債務負担行為」であるとし、あらかじめ予算をもって国会の議決を経なければならないとしています。

http://www.mof.go.jp/jouhou/syukei/sy064b.htm
一般会計 国庫債務負担行為
20080214135824.jpg20080214135850.jpg20080214135921.jpg20080214135959.jpg

特別会計 国庫債務負担行為
20080214140023.jpg20080214140055.jpg20080214140126.jpg20080214140149.jpg

Comment

債務負担行為ってマニアックな(笑) 

地方自治の「債務負担行為」というのは、都道府県の総務省方式バランスシートで、欄外に書いてありますが、「物件の購入」「債務保証または損失補てん」「利子補給」の3つありますね。

「物件の購入」については、企業でいえば「未払」に相当するものですね。一気に払えないような大型の出費については、地方自治体も「分割払い」をしているわけです。

「債務保証または損失補てん」は、必ずしも払うという性質のものではありません。これは、自治体出資法人や第三セクター等の財政援助団体に「何かあったときに自治体が責任を負う上限額」というものですね。
ちなみに、自治体の出資法人は、財団法人や株式会社として存続しており、法的には民間団体ですし、必ずしも自治体が100%出資しているとは限りません。(NTTや少し前のJRのようなものです)

「利子補給」とは、民間団体や個人が何かしらの借金をするとき、自治体の政策として「元本以上の負担を与えない=金利負担をさせない」場合があります。このため、金利に相当する分を自治体が代わりに負担するというものです。
大地震での被災住宅復旧のための借金だとか、そういう例があります。

ちなみに、夕張市の「借金」の中身は『地方債・長期借り入れ=261.7億円』『一時借入金=288.1億円』『債務負担行為=82.6億円』で合計が632.4億円ですね。
ただし、このうち「債務負担行為:82.6億円」というのは、「負担の義務があるもの」だけを計上しているのです。利子補給や物件購入のみ、というのであって、債務保証は含まれていないというのが怖ろしいことでもあります。

以前、cynthiaさんからお話があった「一時借入金」ですが、これは、未収金対策で臨時に賄われることが多く、年度内に全額償還されるのが通常で、地方債残高を超えるというのは、普通はありません。(財政事情にもよりけりですが、だいたい長くても半年ぐらいで返済しますね。)
  • posted by わくわく44 
  • URL 
  • 2008.02/17 09:24分 
  • [Edit]

随分ズサンですね。 

wakuwakuさん、コメントありがとうございます。

>未収金対策で臨時に賄われることが多く、年度内に全額償還されるのが通常で、地方債残高を超えるというのは、普通はありません。

 これを住宅ローンで考えると、年収700万の人が3%の金利・30年ローンで3000万借り入れると、150万/年の支払いになりますが、この人が金融公庫と年金融資の枠を超えて短期ローンを組み合わせても、せいぜい100~200万くらいですから、この夕張の例はサラ金財政と言ってもいいかもしれませんね(笑)。
業績の良い時に、無理なローンを組んで豪華な家を建てた人がバブルがはじけても生活の切り替えをしないままに最後にサラ金に手を出して夜逃げになった例に似ています。
金銭感覚のおかしい人が、政治家を含めて多くなったことが、とても残念です。(溜息)
  • posted by Cynthia 
  • URL 
  • 2008.02/19 01:16分 
  • [Edit]

夕張はもっと酷いですよ 

その例えでも酷い状況なんですが(笑)、夕張はもっと深刻な状態なんです。
あまりに多すぎて(笑)、箇条書きにしないと理解できないので、以下に示します。

1.設備投資の事業資金をサラ金から借りた。

2.返済期限が迫っているが返済できない。そこで、同じサラ金業者から、借り換えを続けた。(当然、返したことにはならない。)

3.サラ金で借りてきたカネを、自分が100%出資した会社にに「貸した」という形にした。すなわち、「債務と債権を同額にする」ことによって、『理論的には借金していない』という建前を作った。(つまり、実質的に市が膨大な負債を抱えている事実を隠蔽した、ということ。)

4.しかも、その自分が出資して設立した会社の経営を「黒字」にするため、自腹で補填して「黒字」とする、いわゆる「粉飾決算」を行った。(補助金がなければ「赤字」ということ。)

5.さらに、本来の未収金対策としての「一時借入金」もやらかしている。

つまり、元々「バブル」なんてなかったんです。大儲けをしようとして投資したいが、カネがないので、サラ金から借りた、という、街の零細企業ならば「次は闇金しか貸してくれない」というところにまで追い詰められていた、ということなんです。
それでいて、連帯保証人である国や道に「破産したから、借金の返済よろしくね」ですから。

夕張のことを民間に例えれば、もはや「犯罪」に近いことを、元市長はやらかしていたんです。(前市長は、「財政再建団体」に陥らないように努力したそうですが、あまりに酷い状態で、手がつけられなかったんだそうです。)
  • posted by わくわく44 
  • URL 
  • 2008.02/19 21:30分 
  • [Edit]

短期借り入れでなくても、40兆円の45年返済は酷いです 

wakuwakuさん、コメントありがとうございます。
道路公団を民営化するのに、国が引き受けた40兆円の借金は、どこから引き当てたのでしょうか?それに、45年の返済期間は長すぎます。3%の利率でも、利息が1.2兆円ですから、払い込み総額は2倍を超えます。
この利息が、年金に繰り入れられるなら、まだ良いでしょうが・・・・

道路工事が単年度に終わらないところを、国庫債務負担で補填することは、国の一般会計を圧迫することになっているのでしょうね。
暗澹とした気持ちです。
  • posted by Cynthia 
  • URL 
  • 2008.02/21 21:59分 
  • [Edit]

NoTitle 

話がまぜこぜになっていますね。
もちろん、cynthiaさんが悪いんじゃなくて、そもそも「わかりにくい」財務状況にしている国が悪いんですが。

道路公団を民営化するために引き受ける借金は、借金を引き受けるためだけの独立行政法人をつくり、そこで債務を整理するというやり方ですね。
かつて、国鉄が民営化されたときに「国鉄清算事業団」がありましたが、それと同じ仕組みだと思います。

これは、債務負担行為ではなく、財政投融資の債務処理ですから、国債整理特別会計(国債の処理は、この会計を使います。)と、一般銀行や郵便局に返済資金が回ることになります。

ちなみに、よく言われる「国債発行30兆円」というのは、あくまでも一般会計上の「新発債」の話です。実際は借り換えが行われていますから、合計で100兆円以上の国債が毎年発行されています。これは地方も同じです。
  • posted by わくわく44 
  • URL 
  • 2008.02/22 05:45分 
  • [Edit]

そんな、アホな[絵文字:v-15] 

wakuwakuさん、再コメントありがとうございます^^;。

私は、国債を発行して借金をゼロに清算して、新会社をスタートさせたものだと思っていました。
【山崎オンライン】:http://www.yamazaki-online.jp/kaisoron/mainichi.html では、
「民営化計画では40兆円の借金を最低でも五十年以上変動金利で借りつづけるから、新規の建設を一切やらなくても、現在の公的年金の予定利率(4%)で計算しても利払いだけで最低80兆円、将来金利が上昇すれば100兆円を突破する。」と、述べています。

私が思いますのに、この独立行政法人が債務整理を完了した時には、彼らは用済みになるわけですから、機構を維持するために、借金が半永久的になくならないように仕事をするのではないでしょうか?

>ちなみに、よく言われる「国債発行30兆円」というのは、あくまでも一般会計上の「新発債」の話です。実際は借り換えが行われていますから、合計で100兆円以上の国債が毎年発行されています。これは地方も同じです。

 この「借り換え」とか「償還」の意味が、自分にはもう一つよく理解できていないみたいです。
  • posted by Cynthia 
  • URL 
  • 2008.02/22 20:32分 
  • [Edit]

「妄想天国への切符」 

こんにちは、Cynthia さん。
>思いますのに、この独立行政法人が債務整理を完了した時には、彼らは用済みになるわけですから、機構を維持するために、借金が半永久的になくならないように仕事をするのでは・・?

「談合決別」なんて言ってますけど、どうもなかなか難しいようですね。だって官も民も巨大組織で、研究部門も含めて技術者や、最新設備・工事機械・工場設備を万遍なく回転させないといけない。だから、かつてガルブレイスさんが『新しい産業社会』で言ってたように、現代社会は『計画経済』なんですよ。それなりにM.フリードマンが言うように強大企業同士にや国際的競争はあるにしても、やはり『調整』が必要なんですからね。さもないといろんな部分で、『もっと巨大な無駄』が生じて、『流通面』(=つまり市場に委ね切ってしまう)で「齟齬」が生じて(高価な最新の)機械設備も「長い時間をかけて育てた高等技術を保有する」労働力も「遊休化」しまう。
これは他の産業でもそうですけど、軍事面でこそ、特に「危惧」されているんでしょうね。(ここらの話を彼のYsbee氏に去年の今頃してたんですけど・・。)
で、今先進国は金融の混乱に恐怖しつつ国家・産業界主導で、使い捨て労働力と大事に囲い込むエリートとに「腑分け」しようとしているってことでしょう。一方で、振り落とされまいと「お受験が流行」、「どう考えても這い上がれんと観念すれば」「妄想天国への切符」を得ようと、勢い込んで「各種怪しき」結社に群がる? 思想性も真摯な議論もくそもあったのじゃない輩が多いなって感じるのもそのせいでしょうね。
「嘘はでっかいほど発覚」しにくく、その結果も「悲惨」となるのは、おそらく生身の人間にはどうしようもないんでしょう。たとえ、強大な権力を煽動の結果、持ちえたとしても。巨大機構の回転に副ったからこそ、「その煽動」は受け入れらてたと言えるのでしょうから。真の宗教改革は「パンとサーカス」の拒否でしょう。もしかしたら「孤独な詩」さえも「拒絶」しなきゃなんないのかも?
そういう意味では、オバマ旋風にもかなり「冷ややかであるべき」なのかも?って気もします。そういう挑戦者が生まれうるアメリカの若さはまぶしいですけど・・。
  • posted by 三介 
  • URL 
  • 2008.02/24 14:29分 
  • [Edit]

皆がお口を開けて、上を向いているばかりでは(笑) 

sansukeさん、コメントありがとうございます。

>現代社会は『計画経済』なんですよ。それなりにM.フリードマンが言うように強大企業同士にや国際的競争はあるにしても、やはり『調整』が必要なんですからね
 
 もう、金融だけでは調整のつかない段階を過ぎてしまったのかも知れませんね。昔のように農業が片手間あれば、ボロ屋の住居と僅かの年金と蒔きストーブで凌いだり、また小さくても手堅い店があれば、店の実権を若いもんにまかせつつ、地域のボランティアもできた・・・そうした日本全体で機能していたセイフティネットが影をひそめてしまったのが残念です。
結局、お金がないと生活できない。そして少ないパイから、お金のもぎ取り合戦が始まっているといった感じがいたします。

そして、今の世の中、クレクレ主義の人が多過ぎます。
これがまた、官を肥大させる要因になったり、権力の巣になったりで、下手すると福祉が中身のない(人材のない)建物だけだったりで、何故、多くの人は気がつかないのだろうかと思います。

・医療を充実させてクレ(臓器移植の問題も含めて)
・健康保険を充実させてクレ
・福祉を充実させてクレ
・生活保護を充実させてクレ
・もっと便利にしてクレ(道路)
・学校・保育所で、躾をしてクレ
・助成金を少しでも多くクレ
・耐震強度のお墨付きをクレ
etc.
人の能力の差は大きいとも言えるし小さいとも言えますが、クレクレさん達がマイノリティーなら、それは可能でしょうが、クレクレさん達がマジョリティーになると、サービスを提供する側にも限界があるでしょうから、「ええいっ」と切り捨てにかかるのかもしれませんね。
  • posted by Cynthia 
  • URL 
  • 2008.02/26 00:46分 
  • [Edit]

そうですね・・・。 

>私は、国債を発行して借金をゼロに清算して、新会社をスタートさせたものだと思っていました。

そんなことしたら、国債は暴落して金利が急上昇しますから、絶対にやりませんよ。(笑)

>この独立行政法人が債務整理を完了した時には、彼らは用済みになるわけですから、機構を維持するために、借金が半永久的になくならないように仕事をするのではないでしょうか?

いや、それはおそらくないでしょう。むしろ、国鉄清算事業団のように、「債務償還が完済してないのに、解散」という可能性の方が高いかも。(笑)
第一、『機構を維持するために、借金が半永久的になくならないように仕事をする』のがミエミエすぎる形での独立行政法人化なんて、さすがにそんなアホなことはしないでしょう。
整理回収機構も、中坊公平さんを起用して「元に戻るところがある」人で組織されていましたから、たぶん、そんな形になるんじゃないかって思います。

>この「借り換え」とか「償還」の意味が、自分にはもう一つよく理解できていないみたいです。

「借り換え」というのは、債務の返済期限がきたとき、いったん「全額返済」しなければなりませんが、当然、その現金はありません。このため、「借金を返済するためのカネを借りる」という形になります。これを「借り換え」といいます。
個人でこれをし続けて闇金に走る人がいて、問題が起こっていますが、莫大な設備投資が必要な政府自治体や大企業は、これで「無理なく借金をしている」のです。もちろん、「借り換えを前提とした融資計画」を銀行その他金融機関との調整して作った上でやりますから、一般企業については、特に問題は発生していないケースが多いですね。
  • posted by わくわく44 
  • URL 
  • 2008.02/29 16:52分 
  • [Edit]

その可能性が高いと思います。 

wakuwakuさん、コメントありがとうございます。

>むしろ、国鉄清算事業団のように、「債務償還が完済してないのに、解散」という可能性の方が高いかも。(笑)

 日本高速道路保有・債務返済機構というのが、整理回収機構に該当するのでしょうが、高速道路株式会社が機構に借金を返しながらも、借金を別なところで重ねながら新たに道路を造っていますね。たとえ、今までの約40兆円の借金を機構に返済出来たとしても、2050年の償還日までに新たに重ねた借金が返済されずに残ると、このうち政府保証になっている部分は国民の税負担になるようですね。

それにしても、45年返済は理解し難いです。
高速道路会社とか機構のH.P.を調べてみます。
  • posted by Cynthia 
  • URL 
  • 2008.03/01 20:50分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NHK、またやらかしたか・・・。

どうもこうも、NHKがおかしい。橋下大阪府知事の事件ですが、遅刻の経緯はともかくとして、あのアナウンサーの「30分遅刻ですね」はあ...

沖縄の米兵事件で安保破棄を迫る人たち

沖縄での米兵の少女暴行事件は、1995年の事件を再び思い起こした。また、私自身、こうした米兵の事件については、憤りを感じ、そして、日米地...

沖縄の米兵事件で安保破棄を迫る人たち・2

このテーマについて2回目を書こうと思う。 というのは、沖縄の米兵事件で「安保破棄だ!」「日米地位協定があるから問題なのだ!」と騒ぐ人...

イージス艦事件で思うこと

イージス艦「あたご」とマグロ漁船「清徳丸」の衝突事件は、確かに悲劇であるし、残念である。 私は、希望を捨てずに、最後まで行方不明者の...

東国原知事の気持ち、わかります。

先日、菅直人民主党代表代行と東国原宮崎県知事の『対決』があった。 もちろん、話題は道路特定財源。 まずは、東国原知事に苦言。 気持ち...

左サイドMenu

プロフィール

cynthia

Author:cynthia
Cynthiaです(^o^)よろしく。
名前の由来は、ポートランドに在住の日系Ⅲ世の双従妹からとりました。

Panzy

TAG index Webサイト

FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2018年08月 | 09月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


PopアップサムネイルLinks

FC2ブログランキング

アクセスランキング

FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
政治・経済
875位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
395位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。